自分の強みを追及する。

「水を得た魚」という言葉があります。

魚は陸の上を歩いたり、走ったりすることはできないけれど、水のなかを自由に泳ぎまわれるよね。

水のなかをいきいきと泳ぐことで、元気になれるんだよね。

陸の上にいたら干上がって死んでしまいます。

これは人でも同じことがいえます。

自分がもっている強みだったり個性を押し殺しても、生き生きと生きられません。

自分の強みや個性を活かすことで、生き生きと生きられるんだよね。

 

 

***

 

 

自分の強みを伸ばしたり、自分を改善させようと努力することをやめると、人は他人をけなす方向へむかいがちになります。

周りの人をおとしめたり、足をひっぱったりすることで、自分のほうが優秀だと示そうとします。

だけど、そんなことをしてもなにもいいものなんて生み出されないよね。

だれだって、他の人よりも優秀になりたいという気持ちをもっています。

その気持ちがゆがむと、人は他人の足をひっぱります。

大事なことは、自分の強みを追求する姿勢を持つこと。そうすることで、「人よりも優秀になりたい」「特別な人になりたい」という気持ちをゆがませないで、素直に自分の素質を開くことができます。

 

 

***

 

 

どんな集団でもそうだけれど、その集団内で求められていることを上手にできない人は、周りの目を気にしてしまいます。

例えば、野球部の中では部員は、野球ができることが求められます。

そして野球がへたっぴな子は、他の部員や先生やコーチからどう思われているかを気にしてしまいがちになります。

これは大人の世界でも同じです。お仕事ができない人は、会社の中で居心地の悪さをどうしても感じてしまうんだよね。

そして人によっては、こびたりへつらったり、自分がしたくもないことをしてしまって、さらに自己嫌悪におちいってしまうこともあります。

厳しいけれども、集団の中での居心地をよくするためには、自分が周囲から認められる必要があります。

そのためには、自分の強みを活かすことが大事なんだよね。

自分を押し殺して、得意でもないことをやり続けて失敗を重ねても、居心地なんてよくならないものね。

まず、自分の強みはなんなのかを知ること。そしてその強みを磨いて、活かそうとすること。

場合によっては、自分を活かせる環境をもとめて、部活を変えたり学校を変えてもいいと思います。

自分が生き生きとできないところで、無理に自分を押し殺す必要はありません。

 

自分の個性を殺すのではなくて、活かすことで、こびたりへつらったり、自分を押し殺すような生活になることを防げると思うんだよね。

 

読んでくれてありがとさん!!