高みを目指している人は謙虚でいられる。

野球でもサッカーでもなんでもいいんだけれど、例えばスポーツの試合をするとします。

格下のチームと戦ったら、うまく試合を運べるし、多くの場合勝つから、自分たちの弱さに気づきにくいよね。

逆に格上のチームと戦ったら、負けることも多いし、相手も自分たちの弱点をついてくるから、自分たちの弱さに気づきやすいよね。

つまり、格下のチームと戦うよりも、格上のチームに挑戦するときのほうが、自分たちの弱さに気づきやすいんだよね。

 

 

***

 

 

自分の弱さが目につくのは、自分と向き合っている証拠なんだよね。自分と向き合って、自分を変えようとしている証拠なんだよね。

全ての人が自分の弱さと向き合うわけではありません。

たとえ大きな失敗をしても、原因を自分にもとめず、他人だったり他のことに原因を求める人もいます。

そうすることで自分を守っているんだよね。

もちろん自分を守ることも時には大切だけれど、だけど自分を守りすぎて自分の弱さを見て見ぬふりをしていたら、せっかくの成長の機会を逃してしまいます。

だから高みを目指している人は、何か失敗したりいい結果がでなかったときに、自分と向き合います。なにを変えるべきなのか、どうすればいいのかを苦しくてもしっかりと考えて、自分を変化させようとします。

 

 

***

 

 

高みを目指している人は傲慢にならずに、謙虚でいられます。

日々、自分の弱さと向き合っているから。自分の未熟さを痛感しているから。

自分はまだまだ足りないという気持ちが、自分を変化させようという気持ちをうみます。

その変化が、その人を高みへと連れて行ってくれるんだよね。

 

読んでくれてありがとさん!!