自分のスタイルにこだわらない

レッサーパンダ 

以前にも成功をおさめたからといって、以前と同様の仕事のやり方をし続ける経営者というものは、必然的に失敗する運命にある。


経営学者のドラッカーさんのお言葉だそうです。

形兵の極みは、無形に至る。(スタイルにこだわらない軍隊が最強である(意訳))

 

昔の中国の軍師の孫子のお言葉だそうです。



***



自分のスタイルややり方にこだわるのは無意味だと思うんだよね。

例えば、野球。

「常にホームランを狙うのが自分のスタイルだ」という考えを持っている男の子がいるとします。

今までホームランを何度も打ってきた自信があるのかもしれません。

格下のピッチャーだったら、そのやり方で十分通じるかもしれません。

でもさ、相手が格上のピッチャーだった場合はどうかな?

今まで見たこともない変化球や速球を投げてきた場合はどうかな?

自分のスタイルにこだわって、ホームラン狙いで大振りを繰り返していたら、ただ三振を積み重ねるだけになってしまうと思うんだよね。

相手の球を研究して、どういう打ち方をすればよいか考えて、自分のバッティングを変える必要があるんだよね。


つまり、相手にあわせて自分のスタイルを変える必要があるんだよね。

勝負で大事なのは「勝つこと」であって「自分のやり方にこだわること」ではないでしょ?



***



「自分らしさ」という言葉があるよね。

こういう服を着るのが自分らしいとか、こういう生活スタイルをするのが自分らしいとか、人それぞれ考えがあると思います。


ただ、「自分らしさ」にこだわるのは危険なんだよね。


「自分」というのは年齢だったり、状況でどんどん変わっていくんだよね。5歳のころの自分と15歳の自分では、ぜんぜん違うでしょ?15歳の自分と65歳の自分もぜんぜん違うでしょ?

「自分」が変わるのに、「自分らしさ」を変えないのは危険だと思わない?

15歳のころに似合っていた服を「これが自分らしさだから」といって65歳になっても着ていたら、似合わないでしょ?


「自分らしさ」とは正確に言うと、「過去の自分に適していたスタイル」のことです。

そのスタイルがこれからも通用とは限らないよね。

状況だったり、自分の変化にあわせて、「自分らしさ」を新しくする必要があるよね。



***



「自分らしさ」にこだわるのがいけないなら、なににこだわればいいのか、わからなくなっちゃうよね。

ブイチの考えだけれど、ブイチは「目的」にこだわるようにしています。

例えば、野球のゲームをするときの目的は「勝利」であって「自分のスタイルを貫くこと」ではないよね。

なにが目的で、なにが手段なのか、はっきりと区別することで、整理できるところもあると思うんだ。


読んでくれてありがとさん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッサーパンダ 答え答えです。探してくれてありがとさん!!