「おかげさまで」はピンチをチャンスに変える言葉

写真の中にブイチが隠れているから探してみてね!!答えは本文の下に載せました!!

写真の中にブイチが隠れているから探してみてね!!答えは本文の下に載せました!!

 

楽天家は、ピンチの中にチャンスを見出す。悲観論者は、チャンスの中に困難を見出す。

昔のイギリスの政治家のチャーチルさんのお言葉だそうです。

チャンスというものは、多くの場合辛い経験に姿を変えてやってきます。だから、ほとんどの人はそれと気づかないのです。

コラムニストのアン・ランダースさんのお言葉だそうです。

 

 

***

 

多くの場合、ピンチな状況は大きく飛躍するチャンスを秘めています。

なぜなら、ピンチな状況では、変わる必要性がうまれるから。アクションを起こすための強い動機があるから。

例えば、幕末の日本。当時日本は、外国から侵略されて、植民地にされるかもしれないというピンチな状況でした。

強い危機感がありました。

だから250年近く続いた江戸幕府から、明治政府へと変化することができたんだよね。

もしもそういったピンチな状況でなかったら、ずーっと変わらず、変化も進化もなかったかもしれません。

ピンチのない状況、変わらなくても安住できる状況では、人ってなかなか変化のための行動を起こすことができないからね。

 

 

***

 

 

ピンチな状況のなかで、プレッシャーに押しつぶされてしまうこともあると思います。

次に発展するためのチャンスを見つけることができずに、潰れてしまうこともあると思います。

なのでピンチな状況におちいったらまずすべきことは、にっこりと笑うことです。強引でかまわないので、口角をあげましょう。

そして、「自分はこの状況を突破できる」と強く信じることです。言葉にだしたらなお有効です。突破できる根拠があったらいいですが、根拠のない自信でもかまいません。

大事な試合に臨むときも、戦う前から「勝てない」と思っていたら、勝てる試合も勝てないでしょ?

 

次にすべきことは、ピンチな状況に対して前向きになることです。

コツは「おかげで」という言葉を使うことです。

「○○のおかげで」の○○の部分に、今自分がおちいっているピンチな状況や原因を入れてみてください。

ピンチな状況のなかに眠っている、チャンスに気づくことができるから。

例えばさっきの幕末の例だと、「殖民地にされるかもしれないという脅威のおかげで、日本は外国に負けない強い国に進化するきっかけを得ることができた」とかね。

「おかげで」という言葉を使うことで、自分が今いる状況に対して前向きになれるし、ピンチな状況から抜け出すための道筋が見えてくるでしょ。

自分が大きく発展するためのチャンスに気づくことができるよね。

 

読んでくれてありがとさん!!

 

 

 

 

 

%e3%83%96%e3%82%a4%e3%83%81%e3%82%92%e6%8e%a2%e3%81%9b%ef%bc%81%ef%bc%81%ef%bc%9c%e4%ba%ac%e9%83%bd%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%80%80%e4%ba%ac%e9%83%bd%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%9c%9208%ef%bc%9e%e7%ad%94%e3%81%88

答えです。探してくれてありがとさん!!加工前の写真はg*************************pさんのを使わせていただきました!!