笑顔を心がけることで、節度をもって楽しめる。

「笑う門には福きたる」という言葉があるとおり、普段からにこにこすることはいろいろとプラスになります。

今日はにこにこすることで得られるものについて書きました。お付き合いください。

 

 

***

 

 

<感情に振り回されて問題をおこすことを防げる。>

にこにこすることで、不安や怒り、恐怖や緊張などに押し流されそうなときに歯止めをつけることができるんだよね。節度をもつことができるんだよね。

節度をもって、感情に押し流されないことで、気持ちの切り替えをはやくすることができます。

スピードを出すことは車の運転にとって大事なことのように、感情をだすことは人が生きていくうえでとっても大切なことです。

だけれどブレーキがうまくきかなくてスピードを出しすぎる車は事故を起こしやすいように、感情的になりすぎたときに歯止めをかけられないと問題を起こしやすいんだよね。

適度な速度で安全に車を運転をすることで結果的に無事故で遠くまでいけます。

激情にかられそうになったときににこにこな表情を心がけて歯止めをかけることで、自分も周囲も傷つけずに物事を進めることができると思うんだよね。

 

<人と節度をもって交流できる。>

にこにこすることを心がけていたら、人と交流をするときに感情的になりすぎないで、緊張しすぎないで交流をすることができます。いい意味で人と適度な距離を保って交流することができるんだよね。

相手からの影響を受けすぎないで、圧倒されないで、節度をもって交流することができます。

 

<周囲の人を不安にさせないですむ。>

にこにこな表情を心がけることで、周囲の人を不安にさせないですみます。和やかな雰囲気をつくることができるんだよね。

いつもしかめっ面をしていたら、周囲の人も無意味に過剰に緊張してしまいます。自分も周囲も疲れてしまうよね。

 

<物事を楽しむことができる>

困難なことに直面したときに、しかめっ面をするよりもあえてニコニコすることで、物事を楽しむことができます。前向きになることができます。

感情は態度のあとについてきます。ニコニコすれば楽しいという気持ちがあとからついてくるし、逆にしかめっ面をすればつまらないという感情があとからわいてきます。

参考となる科学的な実験もあります。「メンタル・タフネス(ジム・レーヤー著)」という本の一節を意訳して紹介するね。

ある実験を検証してみよう。まず十分に訓練をつんだプロの俳優たちに怒りを表現してほしいと頼む。そして心拍数、血圧、体内深部の温度、手の温度、電気皮膚反応、筋肉の緊張をはじめとするさまざまな角度から自立神経系の反応を記録する。

次に同じ俳優たちが実際に怒ったとき、つまり本物の感情があらわれたときに同じ記録をとる。そして二つの結果を比べる。

結果、何も違いはなかった。俳優が完全に集中し、想像力と肉体が一つの役割に向かって完全に合体したとき、本物の感情があふれてくるのである。 (意訳)

人は、「ふるまう」ことで、それにともなう感情をおこすことができるんだよね。

ニコニコして楽しそうにすることで、「楽しい」という気持ちに似た感情を呼び起こすことができるし、つまらなさそうにすることで、「つまらない」という感情を呼び起こすことができるんだよね。

 

<積極的に人と交流したり、困難に挑戦することができる。>

にこにこな表情を心がけることで、ストレスに強くなれます。

ストレスに直面したときに激情にかられることが少なくなるんだよね。

どんな場面に直面しても、自分は激情にかられることなく、節度をもって対応できるという安心感を自分に対してもてるので、積極的に他者と交流したり、困難な課題に挑戦することができるようになります。

もしも自分の感情のコントロールに自信をもてなかったら、人と交流したり困難な課題に挑戦をすることに二の足をふみがちになってしまうんだよね。喧嘩してしまうかもしれないし、ストレスに過剰に反応しちゃうかもしれないから。

 

<よいパフォーマンスを行うことができる。>

ニコニコすることで、自分のなかの緊張を和らげることができます。

緊張すると体が固くなりがちだよね。表情も体も固いと、いいパフォーマンスをすることが難しくなってしまうよね。そんなときニコニコすることで適度にリラックスすることができます。緊張がとれて体も心も柔軟になっていいパフォーマンスができるんだよね。

 

<恐怖でなく愛情に基づいたにこにこを>

ただ、にこにこする人がおちいりやすい落とし穴の一つに、「人に嫌われたくない」という思いにとらわれる点があります。

「人に嫌われたくない」という恐怖の気持ちでつくったニコニコな表情はどうしても媚びた感じになっちゃうんだよね。相手の顔色をうかがって、自分らしくしなやかに生きることが難しくなりがちです。

それよりも、にこにこすることで相手や周囲を不安にさせないとか、感情的になりすぎて自制心をなくすことをニコニコすることで防ぐことで、自分も周囲も傷つけないで守るっていう愛情にもとづいたにこにこな表情ほうが美しいと思います。

 

読んでくれてありがとさん!!