今、実現できることを求める。

写真の中にブイチが隠れているから探してみてね!!
答えは本文の下の載せました!!

気分のいいときだけ筆を持つかというと、そうじゃない。憂鬱な日は憂鬱なときにしか描けない絵を描きたいのね。


美術家の篠田桃紅さんのお言葉だそうです。



***



先日、横浜美術館に行って、中島清之さんの絵を観てきました。

感じたことは、60歳を超えて明らかに画風が変わったこと。

思い切りのいい絵を描かれている印象を受けました。

若い頃には、若い頃にしか描けない絵が。老いたら、老いたときにしか描けない絵があると思うんだよね。

 

 

***

 

 

盛者必衰という言葉があります。

栄えたものは、いずれ必ず衰えて滅びるという意味です。

暖かい夏がいつまでも続くかというと、そうではなくて、いずれ必ず冬になるよね。

栄光の時期があると同時に、そうではない不遇の時期も必ずあるんだよね。


不遇の時期とか、衰退って言葉は、ネガティブな印象を受けがちだけれど、決してそうではないとブイチは考えています。

冬の時期にしかできないことや見れないものってあるでしょ?スキーとか雪景色とかさ。

過ぎ去った夏のことばかり考えて、今できることを追求しないのはもったいないよね。

自分が活躍していた過去ばかりふりかえって、今やこれから何を実現できるのか考えないのはもったいないよね。


読んでくれてありがとさん!!


 

 

 

 

答えです。探してくれてありがとさん!!