自分が見るように、世界を見ている。

 

同じものを見ても、どういうふうに見えるかは人によって違うんだよね。

このことを大人の難しい言葉で言うと、「投影」といいます。

わかりやすいように説明するね。

人はみんな、レンズの色が違う眼鏡をつけていると思ってください。

赤いレンズで世界を見たら、世界は赤く見えるでしょ?

暗い色のレンズで世界を見たら、世界は暗く見えるでしょ?

透明なレンズの眼鏡をつけていたら、世界をそのまま見ることができます。

レンズの色は、その人の心の状態によって変わります。

眼鏡のレンズがみんな違うから、見え方も人それぞれなんだよね。

・・・・・・

心の状態を整えることで、レンズを掃除してきれいにすることができます。

きれいなレンズで世界をみたら、世界の美しさに気づくことができるんだよね。

逆に、ぐちゃぐちゃな心で世界を見たら、世界を汚く感じちゃうんだよね。

読んでくれてありがとさん!!