楽しむのは意志

悲しみにおぼれるのは気分であり、楽しむのは意志である。

 


ブイチの好きな言葉の一つです。

哲学者のアランさんの言葉だそうです。


もう一つ、ブイチの好きな言葉を紹介するね。

おもしろき こともなき世を おもしろく


高杉晋作さんの言葉だそうです。


今日は、楽天家について話をするね。お付き合いください。

***



楽観と楽天は違います。


楽観は、出来事や問題を軽視することです。傲慢と同じだよね。

それに対して楽天は、出来事や問題を楽しむことで、乗り越えようと決意することです。


「楽天」という言葉は、中国の昔の言葉から来ています。

書いてみるね。

楽天知命 故不憂  (天を楽しむことで命を知る。故に憂えず)



おきることに対して前向きに考えることで、どうすればいいかを知る。だから憂鬱にはならない。 

とブイチは理解しています。


天とは、「自分がコントロールできないもの」とブイチは考えています。雨とか晴れとか雪とか、天気って自分でコントロールすることができないものね。


命とは、自分の命の使い方だとブイチは考えています。運命とか使命とかね。



***



例えば、休日恋人とデートしていたら、天気が急に雨になったとします。

雨に対する楽観屋と楽天家の反応の違いはこうです。


楽観屋: 「雨なんてたいしたことないさ」と言って傘をささずに、二人そろってずぶぬれになる。そして憂鬱になる。


楽天家: 雨に対して前向きに考えて(天を楽しむ)、相合傘をするチャンスだと気づく(命を知る)。そしてデートを楽しむ(憂えず)


・・・・・・ね?なんとなく違いがわかったでしょ?


前向きに考えるコツは、起きたことに対して、これはなにかのチャンスにならないかな?なにかにいかすことはできないかな?って考えることね。


雨くらいだったら、実際たいしたことがないです。せいぜい雨にぬれて風邪をひくくらいだから。


でも、例えばおおきな失敗をしただとか、家族に不幸があっただとか、とてつもなく辛いことがおきたときって、ほうっておいたら、深い悲しみにおぼれると思うんだよね。うつ病になるかもしれません。


「深い悲しみにおぼれて泣き続けていたい」というなら、ブイチは言うことはなにもありません。

でも、悲しみの底から一歩、先に進みたいという場合は、この楽天家の考え方を思い出してほしいんだよね。

起きたことを楽しんでみせると決意したら、きっと見えてきたり、気づけるものがでてくると思うんだよね。


読んでくれてありがとさん!!

楽しむのは意志” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。