前向きのほうが疲れない。

苦労が多いということと、不幸だということはちがいますから。

BASARAという作品の中のお言葉だそうです。

好きな道に辛労なし

日本のことわざだそうです。

 

 

***

 

 

同じ宿題を与えられた二人の学生がいるとします。

一人は、宿題を不幸だと考え、いやいや宿題をこなしていました。

もう一人は、宿題を自分の能力を上げるチャンスだと考え、前向きに取り組んでいました。

どっちのほうが宿題で疲れないかな?

 

 

前向きに宿題に取り組んでいた子のほうが、疲れないよね。いやいややっていると、宿題のスピードが遅いから、終わるまで時間がかかるし、気持ちが落ち込んで疲れるでしょ?

つまり、面倒くさいように思えることも、前向きにとらえることで、いやいややるよりも楽にこなせるんだよね。

 

読んでくれてありがとさん!!