目的を理解する。

君は野球部員で、試合で打席にたったとき、監督からバントをするように指示されたとします。

同じバントでも、1塁ランナーを進めるためのバントなのか、スクイズなのか、それとも自分がアウトにならないようにするバントなのか、いろいろとあるよね。

なんのためにバントをするのか、狙いがあやふやなまま打席にたってバントをしても、中途半端になってしまって、目的をなかなか達成できないと思います。

つまり、結果をだすためには、目的を理解する必要があるんだよね。

・・・・・・

これは日常にも言えると思います。

なんのために学校に行っているのか、なんのために勉強しているのか、ときにはしっかり考えることが大事だと思うんだよね。

目的があいまいなまま日常を過ごす人と、自分が納得する目的をもって日常をすごす人とでは、いろいろなところで違いがでると思うんだよね。

読んでくれてありがとさん!!